オーストラリアやニュージーランドで見かける時間貸し駐車場 ウィルソンパーキング。

18, Nov 2015 by ctwamcwp_k in 不動産     No Comments

赤い看板が目印です^^

建物解体後の活用でおなじみ駐車場活用。
海外版。

日本のような機械式(パークロック式)ではなく、有人管理で
現場には管理人がいます。
一時間いくら、一日上限いくら・・という
日本でもおなじみの料金体系。この画像は、現地へ旅行した
とき撮影したものです。

平面利用のゲート式(キャッチバーがあり、バーの上げ下げで
入出庫できる形式)でした。
平面式以外でも、自走式駐車場ビル型も多かったですね★

海外では、パークロック式の無人の時間貸し駐車場は
あまり見掛けませんが、
(例:台湾の台北市には存在)

路上に設置してあるパーキングメータならドバイ(アラブ
首長国連邦)にもありましたね。

日本と違い、料金箱を無人で設置したままにしておくのは
リスクが大きすぎるのかもしれません^^
日本の警備会社とパーキングメーカーのみなさん、

ビジネスチャンス???

http://木造解体.xyz/

さてさて、ウィルソンパーキング。
駐車場運営を業としてる会社が運営してるみたいですね。

おそらく土地は賃貸借ではなく所有しての運営かと
思います。

週末は、国内外のパーキングフォトをお届けします。