血液の固まる状況を防ぎ、血栓をできにくくする

26, Feb 2019 by user044 in 健康       No Comments

DHAやEPAの役割については、端的に言えば、血液の固まる状況を防ぎ、血栓ができにくくなるという効果が期待できるのだそうです。

凝固した血液によって血管が詰まらると心筋梗塞や脳梗塞を導く恐れがあるので、主にEPAを摂取することをお勧め流ことにより、その予防効果が大いに期待されているのだそうです。作用機序と効果の関係については、さほど強調された無理のある話ではない理論だと思うようです。また、これらの作用を簡単にしたものとして血液サラサラと言うキャッチコピーが流行したのも一応頷けますが、しかしながら一方で少し話を端折りすぎていると言うような店も見受けられ、いろんな意味の疑問を持つ方もたくさんいる事はうなずける現実です。血栓ができにくくなることと血液がサラサラであると言う事は厳密に言えば少々ニュアンスにも違いはあってDHAやEPAには、血液を凝固させにくくする作用があると言ったほうが正確だと言えるのだそうです。また、特にDHAの効能として、頭が良くなるといった話がよく耳に入るが、その根拠としてはDHAには認知症やアルツハイマーなどの研究が進んでおりその部分がクローズアップされて伝わ得られていることが予想される。https://xn--dhaepa-hs4eaa45avgbp7498soi7c.xyz/