コレステロールの値をコントロール

28, Dec 2018 by user044 in 健康       No Comments

DHA、EPAにはコレステロールの値をコントロールしてくれる働きがあるのだそうです。そのコレステロールは、細胞膜の成分にもなる脂質であり、コレステロールそのものが悪だというわけではありません。

コレステロールは、善玉コレステロール(HDL/high-density lipoprotein)と悪玉コレステロール(LDL/low-density lipoprotein)というものがあり、悪玉コレステロール、つまりLDLコレステロールが過剰に増えてしまうと、酸化を起こして、少しずつではありますが血管壁に着いてしまい剥がれにくくなってしまいます。これが動脈硬化を引き起こす原因になるといわれています。そんな悪玉コレステロールの数値を下げてくれる効果があるので、DHAやEPAには上手に取り入れたいですねところです。食物から摂れたDHAとEPAは、小腸で吸収されて、血液により体内の各所に運ばれていきます。そしてそのDHAは、もちろん脳へも運ばれます。しかし脳は大事な場所であるので、必要な成分しか通れないない関所のようなものがあります。DHAは、その関所を通過できる数少ない成分のひとつなのです。EPAサプリランキング第1位はコチラです。